第一作品「おひさまとかいぶつ」
SUN&MONSTER

2010.11.17-19

第一作品「おひさまとかいぶつ」は武蔵小金井にあるシャトー2Fというアートスペースで行われました。この場所はもともとレストランだったものをリノベーションしたものです。パフォーマンスする場所がガラス張りだったので、外でのパフォーマンスも取り入れた作品です。

第二作品「海の底」
bottom of the sea

2011.11.17-18

第二作品「海の底」は長い事使われてなかったお風呂屋さんで行われました。東京での公演の直後にドイツとポーランドでも公演する機会があり、そちらでは劇場バージョンをやりました。

第三作品「ことり」
little bird

2012.07.17

第三作品「ことり」は神楽坂のDpratzで行われました。日本では初めての劇場作品です。他の作品に比べて声での表現が多くつかわれました。1回だけの贅沢なものでした。

第四作品「花と小熊」
Flower and little bear

2013.04.

第四作品「花と小熊」は第五作品の「わたくしという現象」と同時に上演されました。三鷹にあるアパートの一室で4月の毎週火曜日に行われました。

第五作品「わたくしという現象」
The phenomenon called I

2013.04.

第五作品「わたくしという現象」。第四作品「花と小熊」と同時に上演されました。世界装置の作品は基本的に静かなんですが、その中でも一番静かな短い作品です。

第六作品「現在の音楽」

2015.

第七作品「骨の話」
about a bone

2016.11.

世界
The world

2020.

演出の斉藤栄治はタイトルを先行して付ける人で、2010年の結成の時点で第3作品までのタイトルとそれから10年後の2020年にする作品のタイトルが決まってました。